Swift を Cocoa や Objective-C と一緒に使う方法の覚書です。

なお、Swift で作成したアプリは iOS8 と OS X Yosemite がリリースされた時点で審査に入れるようです。

Using Swift with Cocoa and Objective-C

Basic Setup

Swift から Objective-C API を呼び出すことができる。逆に、Objective-C から Swift のコードを呼び出すこともできる。

Swift と Objective-C のプロジェクトの大きな違いは、Swift にはヘッダーファイルがない。Swift には全ての情報が .swift ファイルに含まれている。

import

Swift でもフレームワークやライブラリを読み込むには import を使う。

1
import Foundation

Foundation を読み込むことで、NSDate, NSURL, NSMutableData などを含む全ての Foundation API、全てのメソッド、プロパティ、カテゴリを利用出来るようになる。

Objective-C と Swift のマッピング

  • Objective-C の型は同等の Swift の型にマッピングされる。idAnyObject
  • Objective-C のコア型は Swift の型にマッピングされる。NSStringString のように
  • Objective-C のコンセプト機能は同等の Swift のコンセプト機能にマッピングされる。ポインタが Optionals と対応するように

C++ のコードは直接 Swift には取り込めない。代わりに Objective-C か C で作ったラッパーを作り、それを取り込む。

Swift から Objective-C のコードを呼び出す方法

Bridging Header というものを作る。

[Swift] SwiftとObjective-Cで相互に連携する

SwiftでObjective-CのFrameworkを読み込む方法

Interoperability

Initialization

Objective-C の init メソッド、initWith メソッドは、init で切られて With の部分が捨てられる。捨てられて残った部分が第一引数のパラメータ名に対応する。

Objective-C
1
UITableView *myTableView = [[UITableVIew alloc] initWithFrame:CGRectZero style:UITableViewStyleGrouped];
Swift
1
let myTableView: UITableView = UITableView(frame: CGRectZero, style: .Grouped)

Objective-C のファクトリメソッドは convenience initializer にマッピングされている。

Objective-C
1
UIColor *color = [UIColor colorWithRed:0.5 green:0.0 blue:0.5 alpha:1.0];
Swift
1
let color = UIColor(red: 0.5, green: 0.0, blue: 0.5, alpha: 1.0)

Methods

Objective-C のメソッド名がそのまま Swift のメソッドになり、第一引数名が省略される。残りの引数名はそのまま残る。

Objective-C
1
[myTableView insertSubview:mySubview atIndex:2];
Swift
1
myTableView.insertSubview(mySubview, atIndex: 2)

id

Swift ではどんな型も表すタイプとして AnyObject を用意している。Objective-C の idAnyObject に対応する。

Objective-C のメソッドを呼び出すのに、キャストは必要ない。@objc 属性がメソッドに修飾されているので、そのまま呼び出すことができる。

1
2
let futureDate = myObject.dateByAddingTimeInterval(10)
let timeSinceNow = myObject.timeIntervalSinceNow

AnyObject から as によるキャストでは、ダウンキャストが成功するかどうかの保証ができない。そのため、if-let 構文を使ってチェックすること。

1
2
3
4
5
let userDefaults = NSUserDefaults.standardUserDefaults()
let lastRefreshDate: AnyObject? = userDefaults.objectForKey("LastRefreshDate")
if let date = lastRefreshDate as? NSDate {
    println("\(date.timeIntervalSinceReferenceDate)")
}

Closure and Block

Objective-C の block は Swift の Closure に対応する。

Objective-C
1
void (^completionBlock)(NSData *, NSError *) = ^(NSData *data, NSError *error) {/* ... */}
Swift
1
let completionBlock: (NSData, NSError) -> Void = {data, error in /* ... */}

@objc アノテーション

@objc アノテーションを使うことで、Swift のコードを Objective-C の中から呼び出すことができるようになる。

@IBOutlet@IBAction@NSManaged を使うと暗黙的に @objc が付与される。

Swift コードから Objective-C コードへの変換

メソッドはほとんどそのままマッピングされる。init コンストラクタは、第一引数に initWith がつくように変換される。

Swift
1
2
func playSong(name: String)
init(songName: String, artist: String)
Objective-C
1
2
- (void)playSong:(NSString *)name
- (instancetype)initWithSongName:(NSString *)songName artist:(NSString *)artist

Selector

Objective-C のセレクタは Swift では Selector 構造体にマッピングされる。

1
let mySelector: Selector = "tappedButton:"
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
import UIKit
class MyViewController: UIViewController {
    let myButton = UIButton(frame: CGRect(x: 0, y: 0, width: 100, height: 50))

    init(nibName nibNameOrNil: String!, bundle nibBundleOrNil: NSBundle!) {
        super.init(nibName: nibName, bundle: nibBundle)
        myButton.targetForAction("tappedButton:", withSender: self)
    }

    func tappedButton(sender: UIButton!) {
        println("tapped button")
    }
}

Writing Swift Classes with Objective-C Behavior

Objective-C のプロトコルは Swift の protocol に対応する。Objective-C の NSObject プロトコルは NSObjectProtocol になっている。

Integrating with Interface builder

Swift でも Interface Builder の機能は利用出来る。Outlet、Actions、ライブレンダリングは Swift でも可能。

Swift では @[email protected] をプロパティやメソッドに付与する。

1
2
3
4
5
6
7
class MyViewController: UIViewController {
    @IBOutlet var button: UIButton
    @IBOutlet var textFields: UITextField[]
    @IBAction func buttonTapped(AnyObject) {
        println("button tapped!")
    }
}

@IBDesignable@IBInspectable をつかうと Interface Builder で編集が出来る。

1
2
3
4
5
6
@IBDesignable
class MyCustomView: UIView {
    @IBInspectable var textColor: UIColor
    @IBInspectable var iconHeight: CGFloat
    /* ... */
}

Working with Cocoa Data Types

String(NSString)、Number(NSNumber)

NSString を利用したい場合は as を使ってキャストする。もしくは、最初から NSString 型を使う。

1
2
3
4
5
6
7
8
let str = "123"
(str as NSString).floatValue

import Foundation
let myString: NSString = "123"
if let integerValue = (myString as String).toInt() {
    println("\(myString) is the integer \(integerValue)")
}

NSNumber も同じ。

1
2
let n = 42
let m: NSNumber = n

Array

NSArray は AnyObject[] にマッピングされる。

Foundation Data Types

NSSize、NSPoint はそのまま利用出来る。

1
2
let size = NSSize(width: 20, height: 20)
let rect = NSRect(x: 50, y: 50, width: 100, height: 100)

NSLog

NSLog はそのままの構文で利用出来る。

1
NSLog("%.7f", pi)

NSError and Error Reporting

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
var writeError : NSError?
let written = myString.writeToFile(path, atomically: false,
    encoding: NSUTF8StringEncoding,
    error: &writeError)
if !written {
    if let error = writeError {
        println("write failure: \(error.localizedDescription)")
    }
}

func contentsForType(typeName: String! error: NSErrorPointer) -> AnyObject! {
    if cannotProduceContentsForType(typeName) {
        if error {
            error.memory = NSError(domain: domain, code: code, userInfo: [:])
        }
        return nil
    }
    // ...
}